プラセンタの原料

“美容面でとても活躍しているプラセンタですが、このプラセンタの原料には動物性と植物性があるのをご存知でしょうか。プラセンタはそもそも胎盤のことをいいます。この胎盤には赤ちゃんに栄養を送り込むためにいろんな栄養素がたっぷりと含まれています。動物性の原料には馬、豚、羊、そして人間があります。馬はこの3種類の動物の中では最も病気にかかりにくいといわれており、予防接種などもめったにしません。そういう意味では安心して使えます。しかもアミノ酸の含有率がとても高く、豚に比べてその含有率はなんと250倍なのです。ただ使用されるものはほとんどがサラブレッドのもので、馬は多産ではありませんから胎盤の入手もそれほど多くなく、高価となってしまいがちです。豚はそういう意味ではたくさん子供を産みますので安価になります。また人間の体に吸収されやすいのも良い点です。ただ馬に比べると体が弱く、薬に頼ってしまう部分も少なくありません。選ぶ時にはSPF豚が原料となっているものを選ぶのがポイントです。羊は国内ではあまり聞きませんが、海外では人気が高いです。安全性も高く、アミノ酸の種類が多いこともメリットです。

植物性のものは主にトウモロコシなどがあります。種子の胎座という部分の成分を抽出したもので、その安全性は認められているものです。しかし成長因子がないのがデメリットとしてあげられます。人間性のものはもっとも吸収や効率が良いのですが、医療用にしか使われることがありません。肝臓疾患の治療に使われる注射の成分となることが多いです。”

プラセンタの安全性

“プラセンタは若く見せるだけでなく若返らせる効果もあるので、最近女性にすごい人気です。
古くから不老長寿の薬として使われていたので、とても歴史は古く、ハリウッド女優やモデルなどがアンチエイジングなどに使用しているので、知っている人も多いことでしょう。
プラセンタを使い肌や体が若がえったために、今まで肌や身体のコンディションをあげるために使用していた化粧品も使用しなくてよくなったという人も多いです。
プラセンタは、特定の効果を目的に作られた薬とは違い、全身をケアすることができるので安全性も高いです。
高価なサプリですが、高価な化粧品が必要なくなるので、かなりの節約にもなります。
プラセンタの有効成分は、体内でいろんな働きをするので、身体を正常化する効果が高いです。
安全性は気になりますが、すべて厚生労働省の許可をうけているので安心です。
プラセンタを利用した治療方法は、今までにいろんな所でおこなわれていますが、大きな副作用は報告されていないので安全性にも問題はないといえるでしょう。
プラセンタは製造や品質管理で、感染症対策を徹底しているので安心ですが、治療する際は医師とよく相談して治療を受ける方がいいでしょう。
副作用がおきにくいですが、アレルギー反応がたまにおこる人もいます。
そういう人はすぐに医師に相談してください。
まれに注射した場合は、かゆみや腕が重く感じることもありますが、副作用ではなく半日程度で収まるので安心です。

プラセンタはメンタルヘルスにも効果的

“プラセンタは近年注目されており、色々なメーカーからたくさんの商品が発売されています。良くテレビ番組やコマーシャルなどでも流れていますので、多くの人が知っているところです。しかしながら、プラセンタとは何に良いのかということを理解している人はあまりいません。多くの人が漠然と美容に良いというイメージを抱いています。そもそもプラセンタとは胎盤のことをいいます。胎盤とは多くの方が知っているように、おなかの中の赤ちゃんとお母さんをつなぐ組織です。この胎盤のおかげでおなかの中の赤ちゃんに栄養や酸素が送られ、成長していくのです。
プラセンタは豊富な栄養が含まれていて、それが色々な美容効果や健康効果をもたらします。代表的なものが、美白効果や冷え性の改善、バストアップ効果などが知られていますが、プラセンタの効果として意外と知られていないものに、メンタルヘルスへの効果があります。プラセンタには、自律神経を整えるという作用があり、うつや不安、ストレスといったメンタルヘルスに効果的とされています。また、ホルモンバランスを整える作用もありますので、更年期からくる不安やイライラなどにも効果があるとされています。現在は、ストレスが多い社会となっていることもあり、メンタルヘルスに問題を抱えている人もたくさんいますから、多くの人にとって嬉しい効果と言えます。そうしたお悩みをお持ちの方は一度試してみることをおすすめします。”